Q1.新型コロナウイルスはペット(犬や猫)にうつりますか?

A.飼い主様にとっては心配なことですね。 ただ、これまでに新型コロナウイルスが、犬猫を含むペットに感染したという報告は一切ありませんの で、その心配はかなり小さいと考えられます。 しかし、今後状況が変化すれば、その可能性は完全には否定できませんので、随時情報を発信していき たいと考えています。

Q2.犬や猫にも「コロナウイルス感染症」があると聞いたことがありますが、それは人にうつ りますか?

A.犬や猫にも固有のコロナウイルス感染症があります。 しかしコロナウイルスは「種特異性」※が高いため、これまで犬猫で報告されている 「コロナウイルス感染症」が、人を含めた他の種の動物に感染したという報告はありません。 犬の場合は軽い下痢症状、猫の場合は伝染性腹膜炎を起こしますが、どちらもまれな病気です。 犬のコロナウイルス感染症が猫にうつったり、あるいは猫のコロナウイルス感染症が犬にうつったりす るのは一般的ではありません。

※「種特異性」とは 形態あるいは機能のうえで,ある種は共通にもっているが,他の種には認められない特色。

Q3.私は新型コロナウイルスに感染しました。ペット(犬猫)とどう接すればいいですか?

A.あなたが病院等、隔離された場所に行かなければならない場合には、安心してペットのお世話を頼 める人に預けましょう。 あなたとペットが室内で一緒に生活していたのであれば、患者であるあなたが暮らしていた部屋にペッ トを残し、お世話に通ってもらう方法は、感染対策上お勧めできません。 ペットを預ける場合、念のために、被毛を洗浄するか、またはペットと接する際にはマスクやグローブ をつけてもらい、お世話をした後は、丁寧な手洗いを励行するようにお伝えください。

Q4.飼っているペットが新型コロナウイルスに感染したのではないかと心配です。どうすればいいです か?

A.ペットが新型コロナウイルスに感染したかどうかを検査する方法は今のところありません。Q3 で 回答したように、新型コロナウイルスがペットに感染したという報告はありませんが、もし、ペットへ の感染が心配であるなら、人混みに連れて行かないようにし、できるだけ感染のリスクを減らすよう注 意して生活します。

新型コロナウイルスに感染していた人とペットが濃厚に接触したことが分かっていて、その後ペットの 体調が悪くなった、という場合には、かかりつけの動物病院に電話をしてください。ペットを動物病院 に連れていく前には必ず事前に連絡を入れてください。

参考文献:2020.2.6 University of California, Davis

https://www.vetmed.ucdavis.edu/news/can-pets-contract-coronavirus-humans-or-vice- versa

書いた人

佐瀬 興洋
佐瀬 興洋
【経歴】


2004年 麻布大学獣医学科卒業

2006年 Watpo Thai Traditional Medical School(General Massage) 修了

2008年 ユーミーどうぶつ病院開院

2013年 HJS 整形外科研修

2014年 DePuy Synthes Vet Spine Seminar Basic Course 修了

2014年 DePuy Synthes Vet Spine Seminar Advance Course(神経外科) 修了

2014年 HJS Night Vets Club “Liver Night” 参加

2015年 HJS World Class Program “TPLO”参加


【所属学会・資格】
公益社団法人千葉県獣医師会所属
公益社団法人佐倉青年会議所2018年度監事

獣医麻酔外科学会・日本獣医循環器学会・獣医再生医療研究会・ISFM(国際猫医療学会)・JVOC(日本獣医眼科カンファランス)獣医眼科手術研究会




当たり前のことですが、なるべくしっかりとした診断を付けることを目標にしています。

その上で、出来る限りの治療を行えるように努力しています。
外科分野では骨折や脱臼などの整形外科、泌尿器や消化器、肝臓、胆嚢の軟部外科、皮膚形成外科、椎間板ヘルニア、会陰ヘルニアなどの手術を得意としております。
近年小型犬種にも増えている前十字靭帯断裂などの膝疾患の治療に力を入れており、TPLOのような専門的な手術も実施しております。
内科分野においても幅広く勉強しております。
内視鏡や超音波診断装置を使用しての消化器系の検査も行なっておりますので。 どうぞご相談ください。

飼い主様が安心してご来院できるよう最新の知識・技術の研鑽を怠らないように心がけています。