久しぶりの院長です。

フィラリア予防シーズン真っ只中。皆様には、待ち時間の件でご迷惑をおかけしております。

フィラリアの検査と一緒に、健康チェックの血液検査をお勧めしているのですが、やはり、見た目は元気でも検査に引っかかってくる子がチラホラいます。

一番多いのは、胆嚢や肝臓で引っかかってくる子が多いでしょうか。肝臓は人間でも沈黙の臓器と言われてますし、気づいた頃には手遅れということも多くありますし、胆嚢の病気は、最近のフードが良くなったせいか、増えている気がします。もし、気になることがありましたら、ご相談ください。血液検査や超音波の検査で、簡単に肝臓や胆嚢の検査ができます。

 

先日、肝臓の腫瘍の手術をしている時に思ったのですが、私が開業する前に勤めていた病院では、まったく肝臓や胆嚢の手術を経験したことがありませんでした。それほど、診断がつけにくい病気であったのか、それか、近年増加傾向のある病気なのかはわかりませんが。

 

肝臓の腫瘍といっても、全てが悪性度の高いものではなく、中には切除してしまえば予後の良いものもあります。胆嚢も早期に異常を発見して、対策を取っていればそこまで予後の悪い病気ではありません。

とくにシュナウザーさんは、胆嚢の病気が多い気がします。気になる方はやはり定期検診をお勧めいたします。

 

そういえば、胆嚢や肝臓の手術を私に教えてくれたお師匠様は、中島尚志先生という手術屋をやっておられる先生です。

中島先生の書いた、肝臓外科のバイブル「THE TEXTBOOK OF SYSTEMATIC LIVER LOBECTOMY with basic technique for Dogs and Cats」は私の宝物です。

サイン入りですので、世界に一冊しかありません。

IMG_9479 写真(2015-05-28 17.03)

肝臓や、胆嚢疾患の子を助けられているのも、中島先生のおかげです。

 

 

 

 

書いた人

佐瀬 興洋
佐瀬 興洋
【経歴】


2004年 麻布大学獣医学科卒業

2006年 Watpo Thai Traditional Medical School(General Massage) 修了

2008年 ユーミーどうぶつ病院開院

2013年 HJS 整形外科研修

2014年 DePuy Synthes Vet Spine Seminar Basic Course 修了

2014年 DePuy Synthes Vet Spine Seminar Advance Course(神経外科) 修了

2014年 HJS Night Vets Club “Liver Night” 参加

2015年 HJS World Class Program “TPLO”参加


【所属学会・資格】

獣医麻酔外科学会・日本獣医循環器学会・獣医再生医療研究会・ISFM(国際猫医療学会)・JVOC(日本獣医眼科カンファランス)獣医眼科手術研究会



当たり前のことですが、なるべくしっかりとした診断を付けることを目標にしています。

その上で、出来る限りの治療を行えるように努力しています。
外科分野では骨折や脱臼などの整形外科、泌尿器や消化器、肝臓、胆嚢の軟部外科、皮膚形成外科、椎間板ヘルニア、会陰ヘルニアなどの手術を得意としております。
近年小型犬種にも増えている前十字靭帯断裂などの膝疾患の治療に力を入れており、TPLOのような専門的な手術も実施しております。
内科分野においても幅広く勉強しております。
内視鏡や超音波診断装置を使用しての消化器系の検査も行なっておりますので。 どうぞご相談ください。

飼い主様が安心してご来院できるよう最新の知識・技術の研鑽を怠らないように心がけています。