当院では、毎月1回、プロのトレーナーの先生に来ていただいて、生後5ヶ月までのワンちゃんを対象に『しつけ教室』を行っているのですが、今回は9/20に行われた様子を紹介します。
今回参加してくださったのは、モナカちゃん、こうめちゃん、トップちゃんです!
まずは、診察室に入り、診察台に慣れる練習です。
診察台の上でも緊張せずに、ご褒美のごはんを食べられるか、体を触られても平気か、などを練習しました。
続いて、『おりこうさん』という言葉をかけてからごはんをあげます。
『おりこうさん』の言葉は良い事と教えてあげるためです。
トップちゃん、とても落ち着いてごはんを食べていました!
続いて、キャリーに入る練習です。
キャリーは嫌な場所ではなく、落ち着く良い場所だと教えてあげるために、キャリーの中でご飯をあげます。
image01
こうめちゃんは、自らキャリーに入っていて、キャリーは落ち着ける場所だとわかっているようでした!
続いてプレイタイムです。
お互い興奮し過ぎないように見ながら、遊ばせます。
image02
続いて、トイレの練習です。
子犬のうちは、トイレの間隔時間が短い為、トイレ記録を付けるとどのぐらいの間隔でトイレに連れて行ってあげればいいのかわかるそうです。
image03
モナカちゃんは、飼い主さんもモナカちゃんがトイレに行きたい時の様子をわかっていて、モナカちゃん自身もトイレの場所でちゃんと排泄することが出来ました!
このように、しつけ教室と言っても、遊びを交えながら楽しくお勉強しています!
ワンちゃんと飼い主さんのお互いの為にしつけは必要だと思います。
しつけは難しそう、と身構えずに、興味のある方はどうぞお気軽にスタッフにお声がけください!
 看護士 木村

書いた人

佐瀬 興洋
佐瀬 興洋
【経歴】


2004年 麻布大学獣医学科卒業

2006年 Watpo Thai Traditional Medical School(General Massage) 修了

2008年 ユーミーどうぶつ病院開院

2013年 HJS 整形外科研修

2014年 DePuy Synthes Vet Spine Seminar Basic Course 修了

2014年 DePuy Synthes Vet Spine Seminar Advance Course(神経外科) 修了

2014年 HJS Night Vets Club “Liver Night” 参加

2015年 HJS World Class Program “TPLO”参加


【所属学会・資格】
公益社団法人千葉県獣医師会所属
公益社団法人佐倉青年会議所2018年度監事

獣医麻酔外科学会・日本獣医循環器学会・獣医再生医療研究会・ISFM(国際猫医療学会)・JVOC(日本獣医眼科カンファランス)獣医眼科手術研究会




当たり前のことですが、なるべくしっかりとした診断を付けることを目標にしています。

その上で、出来る限りの治療を行えるように努力しています。
外科分野では骨折や脱臼などの整形外科、泌尿器や消化器、肝臓、胆嚢の軟部外科、皮膚形成外科、椎間板ヘルニア、会陰ヘルニアなどの手術を得意としております。
近年小型犬種にも増えている前十字靭帯断裂などの膝疾患の治療に力を入れており、TPLOのような専門的な手術も実施しております。
内科分野においても幅広く勉強しております。
内視鏡や超音波診断装置を使用しての消化器系の検査も行なっておりますので。 どうぞご相談ください。

飼い主様が安心してご来院できるよう最新の知識・技術の研鑽を怠らないように心がけています。