子猫が、落ちてた!

知らないうちに押入れの中で子猫を出産していた!

等で、当院を訪れる方が多くなってきました。子猫出産シーズンですね。

通常、親猫は、胎盤の処分、へその緒の切断、授乳などを、誰からも教わることもなく本能のままに行うものですが、最近(?)は、なんらかの理由で育児放棄をしてしまう親猫がいるようです。

もし、出産直後の子猫を拾ったり、育児放棄された子猫がいたら・・・

◎とにかく保温!(ペットボトルにお湯をいれて、タオルでくるむと吉!熱すぎないように工夫して!)

◎体がぬれていたら、乾かす!(タオルでこすって拭く!遠めにドライヤーをかけてもよし。熱くならないように!)

◎保温したまま、動物病院へGO!買い方、管理のしかたを教えてもらってください(夜間でしたら、電話をしてから来院してください。)

獣医さんが寝てしまっていたら、ドンキホーテなどで、猫用ミルクを買って、暖めて与えてみてください。

とにかく保温が、その子の生死を左右する一番の要因になっています。

動物病院で、子猫を引き取ることはできませんが、里親探しのお手伝いをすることはできます。

がんばってください!

 眠いので本日は失礼いたいます。

書いた人

佐瀬 興洋
佐瀬 興洋
【経歴】


2004年 麻布大学獣医学科卒業

2006年 Watpo Thai Traditional Medical School(General Massage) 修了

2008年 ユーミーどうぶつ病院開院

2013年 HJS 整形外科研修

2014年 DePuy Synthes Vet Spine Seminar Basic Course 修了

2014年 DePuy Synthes Vet Spine Seminar Advance Course(神経外科) 修了

2014年 HJS Night Vets Club “Liver Night” 参加

2015年 HJS World Class Program “TPLO”参加


【所属学会・資格】

獣医麻酔外科学会・日本獣医循環器学会・獣医再生医療研究会・ISFM(国際猫医療学会)・JVOC(日本獣医眼科カンファランス)獣医眼科手術研究会



外科分野では骨折や脱臼などの整形外科、泌尿器や消化器、肝臓、胆嚢の軟部外科、皮膚形成外科、椎間板ヘルニア、会陰ヘルニアなどの手術を得意としております。
内科分野においても幅広く勉強しております。
内視鏡や超音波診断装置を使用しての消化器系の検査も行なっておりますので。 どうぞご相談ください。