すっかり寒さも深まってきましたね、 看護師の榊原です。 急な気温の変化はやはり人だけでなく動物もツライようです。食欲が落ちたりお腹を壊したりと、納得な症状の仔も沢山来院されますが、それと同時に最近は食べ物以外や身体によくないものを食べてしまう仔も多くなっています。 最近ではオニグルミの身を食べてしまい大変な腸炎を起こしてしまった仔や、どんぐりを飲み込んで腸閉塞になってしまい、開腹手術をした仔などがいます。 どちらも身近の自然な物が原因になっています。おもちゃやチョコレートなどには皆様も気をつけていると思いますが、そういった物以外にも危険な物はたくさんあります。 物をかじるのが好きな仔や、とりあえず口に入れてみてしまう仔は特に気をつけてください。

書いた人

佐瀬 興洋
佐瀬 興洋
【経歴】


2004年 麻布大学獣医学科卒業

2006年 Watpo Thai Traditional Medical School(General Massage) 修了

2008年 ユーミーどうぶつ病院開院

2013年 HJS 整形外科研修

2014年 DePuy Synthes Vet Spine Seminar Basic Course 修了

2014年 DePuy Synthes Vet Spine Seminar Advance Course(神経外科) 修了

2014年 HJS Night Vets Club “Liver Night” 参加

2015年 HJS World Class Program “TPLO”参加


【所属学会・資格】

獣医麻酔外科学会・日本獣医循環器学会・獣医再生医療研究会・ISFM(国際猫医療学会)・JVOC(日本獣医眼科カンファランス)獣医眼科手術研究会



外科分野では骨折や脱臼などの整形外科、泌尿器や消化器、肝臓、胆嚢の軟部外科、皮膚形成外科、椎間板ヘルニア、会陰ヘルニアなどの手術を得意としております。
内科分野においても幅広く勉強しております。
内視鏡や超音波診断装置を使用しての消化器系の検査も行なっておりますので。 どうぞご相談ください。